日本画で使う画材について説明していきます。日本画styleロゴ

トレーシングペーパーについて説明します。

トップ日本画の画材と使い方トレーシングペーパー

トレーシングペーパーは、下絵を本紙(パネルに水張りした麻紙や
麻紙ボード)に写すときに使います。

 下絵の上にトレーシングペーパーを重ねて、硬めの鉛筆で下絵の線を
なぞります。全て写し終わったら、トレーシングペーパーを裏返して
次は、軟らかめの鉛筆で写しとった線をなぞります。それをまた裏返し
表にしたら本紙のうえに重ね、写した部分が分かるように赤色のボールペン
などを使い線をなぞっていきます。

 これが、鉛筆とトレーシングペーパーだけでできる本紙に写す方法
ですが、 複雑な線が入ってくる場合は、トレーシングペーパーの裏に木炭を
塗って写したり、本紙とトレーシングペーパーの間に念紙を挟んだりする方法も
あります。



              トレーシングペーパー
   メニュー

・岩絵具

・水干絵具

・胡粉

・膠・ドーサ液

・墨・硯

・絵皿・乳鉢
 乳棒・スプーン


・筆・筆洗

・膠鍋・電熱器

・麻紙・パネル
 麻紙ボード


トレーシング
ペーパー


・落款・印泥
トップ日本画の画材と使い方>トレーシングペーパー