日本画で使う画材について説明していきます。日本画styleロゴ

墨・硯について説明します。

トップ日本画の画材と使い方墨・硯

日本画では、最初に本紙に写した絵の輪郭を、墨で
線描きしていきます。この作業を、骨描きと言います。

墨には、油煙墨や松煙墨がありますが、日本で作られているのは、ほとんど油煙墨で、私は、油煙墨を使っています。松煙墨の多くは、中国で作られ、少し青みがある為、青墨と呼ばれています。こちらは、水墨画で多く使われています。

硯は、習字の様に、墨を大量に使うわけではないので、小さな物で
結構です

墨を使う時は、硯から直接墨を取るのではなく、いったん絵皿に移して
濃淡を確かめてから使うようにしましょう。

墨の独特の匂いがまたいいもので、私は「さぁ、描き始めるぞ」という
気持ちになり、気合も入ります。






.
   メニュー

・岩絵具

・水干絵具

・胡粉

・膠・ドーサ液

墨・硯

・絵皿・乳鉢
 乳棒・スプーン


・筆・筆洗

・膠鍋・電熱器

・麻紙・パネル
 麻紙ボード


トレーシングペーパー

・落款・印泥
トップ日本画の画材と使い方>墨・硯