富士山朝焼け 岩絵具による彩色8
実際に日本画を描きながら、制作過程を、説明していきます。日本画styleロゴ

     富士山朝焼けの制作過程

      トップ日本画の制作過程>富士山朝焼け

富士山朝焼け  田貫湖
富士山 朝焼け

忙しいやら、体調悪いやらで、
本当に久しぶりの更新になってしまいました。
申し訳ないです。

7/1岩絵具による彩色8
50
 
久しぶりに、キャンパスバックから絵を出しました。
いつもの事ながら、久々に自分の絵を見ると、
「あらら・・・ひどい事になってるなぁ。」と思います。

前回は確か、オレンジ系の色をかけるとか何とか言ってたような。
今、見てみると、何か違うみたい。
空の赤と青がはっきりしてしまってるような気がする。

空の上の方から下に向かいグラデーションをかける様に美紫の
10番を塗っていきました。
湖面は逆に下から上に、空よりは押さえ気味に同じ色を塗りました。

乾くのをまって、同じ作業を3回繰り返しました。
紫がもう少し綺麗に出てくれると良いのですが。
もう一度重ねてみようかな。
赤い部分にも、もう少し紫を重ねて赤を入れ直すか・・・
どうしよう。
とりあえず、3回目が乾くのを待ちます。

7/15岩絵具による彩色9
51
 
とにかく、暑い日が続いています。
この時季は、絵具の乾きも早く描きやすいのですが、
行き詰まってなかなかこの先に進めません。

前回の乾いた後の続きです。
空と湖面に美紫を所々いれて変化をつけています。

次に、黄紅を空の青い部分に塗っています。
前にも同じ事を刷毛を使ってやりましたが、今回は、刷毛ではなく彩色筆で
部分的に、厚く塗ったり、薄く塗ったりして変化をつけてみました。
ここまで、絵具を重ねてくると、画面に膠の層がかなり出来ているので
膠の量にも気をつかいます。
描き始めの頃の半分くらいの濃度の膠で溶いています。

               さすがに、そろそろ完成させたいと思います。
               少し集中して描き進めないといかん!!

 <前のページへ  次のページへ
                                       このページのトップへ
トップ日本画の制作過程>富士山朝焼け