日本画で使う画材について説明していきます。日本画styleロゴ

落款・印泥について説明します。

トップ日本画の画材と使い方落款・印泥

落款とは作品が完成した後に押す印の事です。
遼凍石に、てん刻刀落款、印泥で文字を彫り、朱色の印泥に付け、
画面に押します。石や刀、印泥は、それぞれバラで
売っていますが、全てセットになっている物もあります。
 
落款を押すときは、画面に合った大きさの物を
押す事と、バランスの良い位置に押すようにしましょう。
一度別の紙に印を押し、印の部分だけを切り取り、画面上で落款を押したいところに置いてみると感じがつかみ易い
と思います。

もし、落款を押す事により、自分の絵のイメージが変わってしまう様なら
無理に押さなくても良いでしょう。実際、落款を押していない日本画も
たくさんあります。
   メニュー

・岩絵具

・水干絵具

・胡粉

・膠・ドーサ液

・墨・硯

・絵皿・乳鉢
 乳棒・スプーン


・筆・筆洗

・膠鍋・電熱器

・麻紙・パネル
 麻紙ボード


トレーシングペーパー

落款・印泥
トップ日本画の画材と使い方>落款・印泥