具と膠の溶き方を説明します。

の溶き方

トップ日本画の画材と使い方>膠の溶き方
日本画styleロゴ
膠を溶く時に、気をつけることは、絶対に沸騰させないことです。
沸騰させると膠の粘着力が弱くなってしまいます。

出来上がった膠液は、冷蔵庫で保管します。だいたい5日位持ちます。
膠は、冷やすと、ゼリー状に固まります。腐ると、固まらなくなり、異臭が
します。夏場は、特に気をつけて下さい。

 膠液を作る時の濃度は、人それぞれです。ここでは、日本画を初めて
描くと言う人が教わる、基本的な濃度を紹介します。

                     の溶き方

.三千本膠を一本と、
  200ccの水を用意します。
膠の溶き方1アップ
2.膠をタオルで包み手で
  折ります。
膠の溶き方2アップ
ペンチを使って折ってもいいです
3.鍋に折った膠と、
  水200ccを入れます。
膠の溶き方3アップ
4.膠をふやかします。

膠の溶き方4アップ一晩水に浸けておいた状態です
5.電熱器にかけて、割り箸でかき混ぜながら、膠を完全に溶かします
膠の溶き方5アップ絶対に沸騰させないこと。
60℃〜70℃位で。
6.綺麗な布で、膠液をこします。

膠の溶き方6アップ
7.使いやすい容器に移して
  冷蔵庫で保管します。
膠の溶き方7アップ要らなくなった容器が、家にあれば、それで結構です。
8.使う時は、湯銭して、溶かして
  使います。
膠の溶き方8アップ膠の溶き方8アップ


                このページのトップへ

   

岩絵具の溶き方

水干絵具の溶き方

胡粉の溶き方

膠の溶き方

・ドーサの引き方




















画材を
ネットショッピング!
【Select Art】
日本画の画材を多数
紹介しているサイトです
画材購入の参考に
して下さい。

トップ日本画の画材と使い方>膠の溶き方