日本画で使う画材について説明していきます。日本画styleロゴ

胡粉について説明します。

トップ日本画の画材と使い方>胡粉

胡粉とは、牡蠣や蛤の貝殻を砕いて作られたもので、
質の良い物は、イタボガキを何年も野積みにし、胡粉
風化させて作られています。

見た目の色を言えば「しろ」ということになります。
水干絵具の一種で、薄い板状になっていて、
乳鉢で細かく擂ってから使用します。

胡粉の使われ方としては、色を塗ったり線を描くのは
もちろん、下塗り用としても使われ、日本画を描く上で
とても重要な絵具です。

胡粉は、質によって名前がつけられています。上級の物から、
飛切、白鳳、寿、白雪、それと、一部分を強調したいとき画面を
盛り上げる、盛り上げ胡粉などがあります。

不純物をほとんど含まない最上級の飛切は、純白です。それ以下は、
段々と不純物を含んでいきますが、盛り上げ胡粉以外は、「しろ」として、
十分使えます。どのような絵にしたいかによって、どれを使うか決めれば良いと
思います。一番良い物ばかり使う必要はありません。



               胡粉の溶き方のページへ
   メニュー

・岩絵具

・水干絵具

胡粉

・膠・ドーサ液

・墨・硯

・絵皿・乳鉢
 乳棒・スプーン


・筆・筆洗

・膠鍋・電熱器

・麻紙・パネル
 麻紙ボード


トレーシングペーパー

・落款・印泥
トップ日本画の画材と使い方>胡粉