本画で使う画材について説明していきます。日本画styleロゴ

筆・筆洗について説明します。

トップ日本画の画材と使い方筆・筆洗
            
             主な筆の種類を上げてみます。


面相筆 毛先が細く、骨描きや、その他の細い線を描くのに敵している。

彩色筆 一番使う筆で、絵具を塗る筆です。羊毛を主とし、水分の
       含みが良い。

削用筆 毛の根元が太く、毛先が細い。線を細く引いたり、太く引いたり
       結構自由の利く筆です。

隈取り筆 ぼかし用の筆です。毛の部分が短く、ずんぐりむっくり
        と言った感じ。

即妙筆 穂先が長く、柔らかい線が引ける。中心に猫毛、周りに
       羊毛を使っている。

平筆 そのまま平たい筆です。広い面を塗るときなどは、とても綺麗に
      塗れます。ただし、タッチが単調になりやすい気もします。

刷毛 広い面を均一に塗るときに使います。使う用途によって、
      分けられたりします。例えば、色を塗る絵刷毛、ドーサを引く
      ドーサ刷毛と言った具合です。

筆の種類

描く場面によって、色々使い分けてみましょう。
 筆を使い終わった後は、ぬるま湯で洗い、穂先を整えて風通しの良い
場所に吊るしておきましょう。

 筆洗については、特にこだわる必要はありません。私は、100円ショップ
で買った小さいバケツのような物を使っています。

                 このページのトップへ
   メニュー

・岩絵具

・水干絵具

・胡粉

・膠・ドーサ液

・墨・硯

・絵皿・乳鉢
 乳棒・スプーン


筆・筆洗

・膠鍋・電熱器

・麻紙・パネル
 麻紙ボード


トレーシングペーパー

・落款・印泥

トップ日本画の画材と使い方>筆・筆洗