日本画で使う画材について説明していきます。日本画styleロゴ

絵皿・乳鉢・乳棒・スプーンについて説明します。

トップ日本画の画材と使い方>絵皿・乳鉢・乳棒・スプーン

絵皿
 岩絵具や、水干絵具は、陶器製の絵皿を使って溶きます。
色々な大きさがあり、絵具を溶く量にもよりますが、10cm〜12cm位の物
が使いやすいと思います。
胡粉を溶く時は、大きい絵皿を使った方が溶きやすいです。

スプーン絵具を溶く時、絵皿に膠液を入れる為に
使うものなので、スプーン画像アップ特に決まった物はありませんが、
少し角度のついた物が使い易いでしょう。

乳鉢乳棒胡粉や水干絵具は、板状になっているので、
最初に粉状に擂る必要があります。その作業をする道具が、
乳鉢と絵皿・乳鉢・乳棒 画像アップ乳棒です。こちらも陶器製で、大きさが色々あります。
小作品には、10cm〜12cm位でいいと思います。





岩絵具の溶き方のページへ

水干絵具の溶き方のページへ

胡粉の溶き方のページへ
   メニュー

・岩絵具

・水干絵具

・胡粉

・膠・ドーサ液

・墨・硯

絵皿・乳鉢
 乳棒・スプーン


・筆・筆洗

・膠鍋・電熱器

・麻紙・パネル
 麻紙ボード


トレーシングペーパー

・落款・印泥
トップ日本画の画材と使い方>絵皿・乳鉢・乳棒・スプーン